Advanced Imaging Center of nurse

看護師みぞさんのブログ

サーフロー針固定~盲点について~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
泌尿器科領域に携わる機会に恵まれ、そこで泌尿器科の手術の面白さにどっぷりとハマり約5年程手術室勤務を経験(うち3年程は取り仕切る形で勤務)。 経尿道的手術~腹腔鏡手術、開腹手術まで泌尿器科域の手術は行う病院でしたので、経験しました。 今年(2019年)から放射線科専属でCT・MRIを安全に検査が行えるように、マネジメント能力を発揮することを期待され勤務しています。

みなさん、こんにちは。
今回はサーフロー針の固定について、みなさんが気づいていない、もしくは気づきにくい点を取り上げてみたいと思います。

フィルムドレッシング材の貼り方に注意

アルケア フィックスキットPV

結論から言いますと、このフィルムドレッシングの貼り方で皮膚への張力、サーフロー針の血管壁への圧迫を改善できます

みなさん、基本的な部分には意識を持って固定されていると思いますが、フィルムドレッシングを貼ることに意識が向き過ぎていませんか?

どういうことかといいますと、サーフロー針の固定を最優先にと考えて貼ってしまうと、皮膚にかかっている張力に気づかずに貼ってしまうことがあります。
貼り終わった後に良く皮膚の状態、サーフロー針の状態を見てみてください。

新人の方やルート確保に自信のない方は、サーフロー針留置することに集中、もしくはできたことで安心していませんか?

または、熟練者の方は、手技に慣れてしまって見落としてはいませんか?

フィルムドレッシングを端から貼るという方

フィルムドレッシングを貼る際に一番先から貼っていく方(奥から手前へ引っ張るように貼る)は知らず知らずのうちに皮膚を引っ張ってしまい、固定した後に良く見ると…サーフロー針が食い込むように引っ張られていませんか?

貼る際に皮膚が引っ張られていたので、フィルムドレッシングを貼り終わると皮膚にかかっていた張力が元に戻ろうとして、サーフロー針が食い込むようになってしまうのです。

これによる問題は“点滴が流れない”“点滴の速度が遅い(スムーズに流れない)”といった血管内にしっかりサーフロー針が留置されているのに何故?といった現場での声にも応えるものになるのではないでしょうか?

フィルムドレッシングの貼り方

フィルムドレッシングを貼る際に、刺入部を覆い、中枢側の皮膚へ貼る際に皮膚を伸ばしながらフィルムドレッシングを貼るようにしてください。
この皮膚の動きを注意して貼ることで刺入部の食い込みを防ぎ、自然に貼れるのでこの点を気をつけるだけでも格段に点滴管理も行いやすくなり、フィルムドレッシングもキレイに貼ることができると思います。

その他、基本の手技というのは各施設ごとにあると思いますので、今回取り上げた内容はそのプラスαとして、みなさんの手助けになることと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日々の手技の中で、当たり前に行っていることでも深く考察してみると意外な発見があるので、思考を止めずに様々なことに興味を持ってみてください。
そこにあなたの看護を深める“何か”があるかもしれませんよ?

この記事を書いている人 - WRITER -
泌尿器科領域に携わる機会に恵まれ、そこで泌尿器科の手術の面白さにどっぷりとハマり約5年程手術室勤務を経験(うち3年程は取り仕切る形で勤務)。 経尿道的手術~腹腔鏡手術、開腹手術まで泌尿器科域の手術は行う病院でしたので、経験しました。 今年(2019年)から放射線科専属でCT・MRIを安全に検査が行えるように、マネジメント能力を発揮することを期待され勤務しています。


固定ページ


Comment

  1. AffiliateLabz より:

    Great content! Super high-quality! Keep it up! 🙂

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 看護師みぞさんのブログ , 2019 All Rights Reserved.